ブログトップ

tekuteku

tekuteku37.exblog.jp

長男クン、その後

さて、水曜日から入院した長男クンですが
8月1日、無事手術を終えました。
長男クン、頑張りました。
麻酔から覚めた彼が発した第一声は
「応援団、ありがとね」でした。
あたしよりも泣きそうだったのは、ウチのオットでした…。
いや~、相変わらずオトナが喜ぶツボをグイグイ押す少年です(笑)。


予定時間よりも2時間ほどオーバーしましたが、
「やれることは全部やりました」と報告がありました。

当初、2か月の時に受けた手術の癒着具合では、
手術できないところもあるかも…という説明を受けたので、
イメージ通りの手術ができたということは、
ホント、主治医をはじめとするスタッフの皆様の、
あきらめない姿勢のおかげだな~と。
とりあえず一安心。

あとは、つないだところがうまくくっついていくまで、
患部は絶対安静(6週間だそうです)
ですが、それ以外のところは動けるように、
徐々にリハビリを開始します。
そして、来週から松葉づえも練習開始。

痛みに弱いオトコなので、今のところ
「いたいよぉぉぉ~」とすぐ泣きべそ。
でも、ゲームをやっているときは気がまぎれるのか、
痛みの訴えなし・・・。
ホント、偽薬で痛みが消えるタイプの人間です(汗)。
足にワイヤーが入ってるので、
多分痛みがすっかり消えることは、ないと思うので、
慣れるしかないのよね。

どんなに入院が伸びでもあと1週間で退院すると思うので、
短い間だけど、どんな感じで彼が動けるようになるのか、
よく見て、退院後の生活のヒントにしていかないと。
あと、どうやら、学校が始まってもしばらくギプスのようなので
送迎決定です…。
チビ助どうするか、考えないとな~。



記録のため、正式な術名を記すと、
後方解離術
前脛骨筋外方移行術
足底腱膜切除術
3つの術式を行いました。

ざっくりいうと、

「かかとの骨の周りに繊維状のモノがたくさんついてたので、
それをきれいに取り除いて、アキレス腱を延長させつつ、ぐっと中のほうを広げていじってます」

「で、この腱をそっちにつなぎなおして、
固定するために骨にドリルで穴をあけて、
ワイヤーを通して腱をひっかけて、
穴の隙間を埋めるのに、ここの骨を一つ持ってきて杭のかわりにしました」

「で、ここの腱をを伸ばすために切っておきました」
」 

…てな具合です、結構グロい~。

そういえば整形外科の手術って、DIYやってんのか?
っていう音が鳴り響いてたっけな~と、昔を思い出してしまいました。


最後に。
手術前、手術の足を間違えないために『しるし』を書くのですが、
長男クンの足に書かれた『しるし』はこんなモノでした。
a0184946_23511279.jpg

茶目っ気たっぷりのドクターです♪
[PR]
by tekuteku-mi_na | 2013-08-04 10:40 | ひとりごと
<< 無事退院。 今年の夏 >>