ブログトップ

tekuteku

tekuteku37.exblog.jp

『保育園義務教育化』という本

インスタ通してfacebookにもTwitterにもUPしたので
しつこい感がありますが、読んだ記録として残しておきます。

久々に自分が読みたい本(しかも新刊)を買う。
最近買う本なんて、
アンパンマン大図鑑とか
プラレール大図鑑とかそんな本ばっかりなので。

買った本はこれ。

保育園義務教育化

古市 憲寿/小学館

undefined

アマゾンでは(私が見たときは)在庫切れだったので、
「あ、これは意外と近所の本屋にあるパターンだ」
と思って行ったら、
わかりにくいとこにありました。
(店員さんに聞いて、待つこと10分ほど。もちょっと前に出してください。。。)

帯に同じようなコメントがありますが、
ここまで、お母さんの気持ちを代弁している独身男性っているのか?
と、びっくりするくらい、すーっと頭に入り、すとんと腑に落ちる。
読んでて、本当に「そうなの!」と独り言(叫び?)が止まらない本でした。
よかった~電車とかで読まなくって。
泣きそうになったり、吹き出しそうになったりしたから♪

子育てに悩んでいる人、
たまーに息抜きしたいなぁと思っている子育て中の専業主婦さん、
保育園に預けることにためらいを感じている育休中のお母さん、
読むと、スッキリします。
(育児本でも自己啓発本でもないのに、不思議)

あと、そんなお母さんたちがそばにいる周りの人たちにも
読んでほしい、と強く思います。

内容は読んでからのお楽しみ、ですが、
目次の前に『この本の読み方』というページがあって、
*忙しいお母さんは○○から…
*本当に忙しい人は、とにかく…
*「少子化」や「日本経済」のことに関心のあるおじさんは…
*教育問題に関心のある方には…
と、大体の読者層に向けての読み方が指南されてるところが面白い。
(あと、おまけのパラパラまんがも癒される←作者本人作)

よし、一回目はざっと読んだので、
次は『本当に忙しい人』向けに読んでみよう♪

[PR]
by tekuteku-mi_na | 2015-09-14 18:26 | ひとりごと
<< また放置。 二学期始まりましてもうすぐ半月。 >>